差し押さえは弁護士に法律相談することで回避できます

###Site Name###

消費者金融のカードローンやキャッシングを使って借り入れをしたときに、借金をそのままにしていると消費者金融業者から債権回収を行われることが考えられます。
消費者金融から借り入れをするときには、勤務先の情報についても知らせることになりますので、給料が振り込まれる銀行口座を特定することができます。これによって、給料が差し押さえられることが考えられます。
差し押さえられるものとしては、銀行口座の他には自動車や不動産、家財道具などがあります。
借金の返済が行われないケースにおいては、給料の差し押さえの手続きは簡単であると言われていますので、確実に債権の回収ができる手段として良く行われるものと言えます。


給料などの差し押さえをされてしまったときには、弁護士に法律相談することがおすすめです。



給料の差し押さえに関しては生活の支障を保護するという考え方がありますので、給与が44万円以下のときには4分の1までしか差し押さえされないことになります。



差し押さえの予告通知書が届けられた段階であれば、弁護士に法律相談することで回避することが可能な場合もありますし、借金の支払い方法を変更してもらうことや支払いが可能な金額に減額してもらう手続きなどを行うことができます。

すでに差し押さえをされてしまっている場合には、自己破産や個人再生の手続きをするための相談を弁護士に行うことが最適となります。



相談を行うときには、無料相談を行っている法律事務所がおすすめです。